イタリア人の彼と11.1.1に結婚、フランス・カンヌに移住。日々感じることを綴っています。


by koto_kotoko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

はじまり

今日は、かに座の新月、そして、日食でもあります。

新月は、物事をスタートさせるのによいタイミングとされています。
新月が、満月に向かって満ちていくように、
スタートさせたことが、どんどん満ちていく、という。

私も、今まで構想を練っていたことを、形にして、
遂にスタートさせることにしました!!

思い返せば、ずーっとやりたかったこと。
少しずつ、大切に、育てていきたいと思います。

詳細は、こちらから!

応援していてくださいね!


*今まで、このブログをMixiに連動させていましたが、
今後は新しいブログを連動させます。

そのため、Mixiに新着情報は反映されなくなってしまいますが、
今後も、プライベートに関することはこちらに載せていくつもりですので、
たまには覗いてみてくださいね!
[PR]
# by koto_kotoko | 2011-07-01 19:23 | Counseling

時空を超えて

今先ほどまで、日本にいる友達とスカイプで2時間ほど話をしていました。
おしゃべりしていると、距離も時間もすっかり忘れてしまうほど。
本当に便利でお手軽な手段が開発されたことに、心から感謝です!

10年前にアメリカに留学していた時には、
電話だったし、料金が気になるからそんなに話せないし、
今より、心理的な距離をずっと感じていました。

でも、今はずっと近くに感じます。

コンサル時代に、ハードスケジュールで国を移動しまくったことや、
付き合って間もない頃、3泊5日でヨーロッパに行ったことも影響しているのかな。

喧嘩して「このままじゃ別れちゃう!」と焦り、プロジェクトの都合も顧みずに飛び立ち、
本気になれば(笑)、直ぐに会える、ということが分かりました。

上司に告げた時には、「今、休みたいなんて冗談だよね?」と真顔で言われ、
「でも、人生の緊急事態なんです」とこちらも真顔で返し(←大げさ。。。)
休む前提で、物凄い勢いで仕事をこなしてたら、最後には呆れ半分、認めてくれました。

あ、、、そのお陰で!?結婚しました、って報告をしなければ~!(笑)

今日は、スカイプでカウンセリングをやるには、どういう工夫が必要か、
ということを探るため、友達に相手をしてもらってました。

最初は、大丈夫かな?音も聞こえにくいし、呼吸も読みにくいし、、、
と、こちらも手探りで、実際音質も悪く、あんまり上手くいかなかったのだけど、
あーだこーだと色々話しているうちに、解決策も見えてきました。

そして、最後に、フォーカシングのセッションをやった時には、
すっかりスカイプでやっていることを忘れ、
あたかも目の前の彼女に働きかけているような気持ちになりました。
彼女にとっても、新たな気付きもあったようで、本当に嬉しく思いました。

これならいける!と確信!(^^)v

時間も場所も関係なく、その瞬間を共有できる、って物凄く不思議だけど、
本当に素晴らしく、価値のあることだなぁ、と感じました。

24時まで付き合ってくれたSちゃん、ほんとにほんとにありがと~!!(^^)
感謝、感謝です☆
[PR]
# by koto_kotoko | 2011-06-29 00:29 | Counseling

言葉の贈り物

昨日、10日間のイタリア滞在を経て、カンヌに戻ってきました。
そして先週、平日はトリノの語学学校で、
4時間のグループ&1時間の個人レッスンを、毎日受けてました。

気付いてみれば、英語3校(NOVA, トロント、ボストン)、
スペイン語2校(グアテマラ、マドリッド)、フランス語2校(ニース、カンヌ)、
そしてイタリア語2校(NOVA、トリノ)と、かなりの語学学校に通いましたが、
このトリノの学校は、とてもよい学校だなぁ、と。

2人の姉妹+義理の姉妹が始めた学校なので、こじんまりしてて先生の仲がよく、
生徒のことをよく把握しているし、毎月担当の先生が入れ替わる、というのがいい!
(同じレベルをずーっと同じ先生が教えると、生徒も先生もだれてくるので…)
一斉のカフェタイムがあり、他の生徒とイタリア語で話す機会が増えるのも
よいなぁと思いました。

3月に3週間、4月に1週間通って、今回もまた1週間だけだったけど、
先生や友達との再会は嬉しいものでした。

特に、個人レッスンをずっと受けている先生とは、とっても気が合って、
話したいことが盛りだくさん!!プライベートの事とか、人生観とか、
いつも時間を超過して(笑)、話してました。

そして、彼女は、短期間でとにかく語学力を伸ばしたい!って
私の気合に合わせて!?びしばし鍛えてくれる(笑)!
毎日、山のように宿題を出し、
「上達には、とにかく文章を書くのが一番だから!」
とのことで、練習問題に加えて、作文も書くことに。

書いたことのない話題の方が、新しい語彙の勉強になるから、ということで、
「祖母の人生」とか「アメリカ留学時代について」とか「人生の転機について」とか
「子どもに伝えたい価値観」とか、とにかく、いろいろなことを書いてみました。

「子どもに伝えたい価値観」については、日本人の
「善悪を完全に分けず、悪の中にも善を見出そうとするところだなぁ」と思う。

でも、それを説明しようとしているうちに、
これって、日本人が多神教なことに関連するのかな?
そして、日本の神様は感情を持っていて、善悪合わせもっているからかな?
そうだ、天照大神が洞窟に隠れてしまって、太陽が照らなくなって困ったんだった、
と、つらつらと書いているうちに、何だか全然違うところに着地してしまったのでした(苦笑)

もっといっぱい言いたいことがあるのに、細かい部分を伝えられない~!
言葉が出てこない~!!超もどかしい~!!!!(ToT)
でも、彼女ともっと色々なことを話したいということを、
イタリア語を勉強するモチベーションとしよう、と思うのでした。

最終日に、私と彼宛てに、結婚祝いとカードをくれ、
そこに、ある本からあるメッセージを引用してくれてたのだけど、
それを見てびっくり!

なんと、大学院を卒業した時に、仲のよかったジャマイカ人の友達が
プレゼントしてくれた本から引用した言葉だったのでした!!
気の合う人は国籍問わず、好きな本も一緒なのだなぁ、と
その友達のことも思い出して、なんだかとっても嬉しくなったのでした。

その本とは、カリール・ジブランの「予言者」- The Prophet
彼は勿論イタリア語で分かるけど、私のために、ちゃんと英訳も付けてくれました(笑)

Love one another, but make not a bond of love:
Let it rather be a moving sea between the shores of your souls.
Fill each other's cup but drink not from one cup.
Give one another of your bread but eat not from the same loaf.
Sing and dance together and be joyous, but let each one of you be alone,
Even as the strings of a lute are alone though they quiver with the same music.

Amatevi l'un con l'altra, ma non fatene una prigione d'amore:
Piuttosto vi sia tra le rive delle vostre anime un moto di mare.
Riempitevi a vicenda le coppe, ma non bevete da una coppa sola.
Datevi cibo a vicenda, ma non mangiate dello stesso pane.
Cantate e danzate insieme e siate giocondi, ma ognuno di voi sia solo,
Come sole sono le corde del liuto, sebbene vibrino di una musica uguale.


、、、とても心に染みました。
Grazie mille!!
[PR]
# by koto_kotoko | 2011-06-28 05:14 | Life - Italy

再びイタリアへ

ここ3日ほど、珍しく毎日更新していますが、
また暫く更新はしなさそうです(笑)。

というのも、今晩からイタリアに行くため。
今まで持っていってた重たいパソコンは置いていき、
今回は身軽にiPad2を携帯していきます♪
とはいえ、iPadでは長い文章は書きにくく。。。(苦笑)

「Kotokoは一体どこにいるの~?」
とよく聞かれますが、フランスとイタリアをよく行き来しています。
車で3時間半だし、パスポートのチェックもなく、
"ITALIA" "FRANCE"という立て看板が、道路の横っちょにあるだけなので、
最近は、国境を通過しても気付かない事が多くなってきました(笑)

そして、今回の用事も、またまた結婚式です。
先週末には、カンヌでも5-6組の結婚式を目撃し、
こちらでは、本当にジューンブライドが多いよう。

やっぱり気候がよいし、バカンス前で皆が参加しやすいのだろうし、
そして、フランスでは6月に結婚すると、節税対策になるとか!?
花嫁・花婿が乗った車は、けたたましいクラクションを鳴らして走ってるので、
めちゃめちゃ分かりやすい~!幸せそうな2人をみるのはよいものです☆

それからもう1つの用事は、
彼の友達の子どもの洗礼を祝うランチに招待されたということ。

カトリックでは、5つのステップがあり、
第一が洗礼(Battesimo)、次に聖体受領(Comunione)、堅信(Cresima)、
そして4番目が婚姻(Matorimonio)、5番目が葬式???、となっているらしい。
洗礼は知っていたけど、ComunioneやCresimaは、聞いたこともなかったなぁ。

丁度、2週間前にイタリアに戻って、日曜礼拝に行った時、
2人の赤ちゃんの洗礼が行われていたのだけど、
天使のような赤ちゃんに対して、水をかけている場面を見て、
正直、ものすっっっっごい違和感を感じてしまいました。。。(T-T)

あまり洗礼については知らないのだけど、
「原罪や、それまでに犯した全ての罪をを洗い流す」
ということに、物凄く違和感を感じてしまいます。

だって、生まれたばかりの赤ちゃんにどんな罪があるの??
生まれたての赤ん坊こそ、賢く、汚れなく、美しいのに。。。

隣にいた彼は、
「赤ちゃんたち、本当に美しいねぇ。。。」
と感動してましたが、思わず、
「でも、私たちが子どもを授かっても、幼児洗礼はぜっっったいにNOだからね!!
分別ついて、自分で洗礼受けたい、って言いだしたら、もちろんいいけど」
とかなり強い口調で言ってしまったら、
"... Let's see..."
としょんぼりしてました。。。(苦笑)

まぁ、環境や状況の変化により、考え方は色々と変化するから、
「絶対」はないんだけど、でも、ここは変わらないのではないか、と思っています。

今回、洗礼式自体は別の日に行われ、
私たちが参加するのは、お披露目のランチのみとのこと。
まずは「洗礼」が、カトリックの家族においてどういう意味があるのか、
理解するよい機会となりそうです。

そして、来週1週間は、再びイタリア語学校へ!
2か月ぶりのイタリア語学校で、どれだけ忘れてしまったか恐ろしいですが、
やるだけやろうと思います~!
[PR]
# by koto_kotoko | 2011-06-17 21:25 | Life - Italy

不思議な出来事

ここのところ、カウンセリングサービスの提供方法を整理するために、
以前受けた講座やセミナーのノートや、読んだ本などを見直しています。

今更ながら、故吉本先生から教えていただいたこと、受けた影響は大きく、
講座のノートを見直しては、改めて、先生の偉大さを感じています。
そして、もっと沢山の事を吸収したかったなぁ、という思いに駆られています。。。

数日前、夕方になり、ちょっとお散歩に出かけました。
名前をどうしよう、とか、サービスの枠組みをどうしようとか、色々考えてました。

ベンチに座って海を眺めていると、とても穏やかな気分になり、
2007年の6月に初めて先生の講座を受けた時の私と、
今の私では、内的な状態がとても変化していて、
先生のお陰で、色々な葛藤が和らぎ、統合が進んだのだなぁ、と感じました。

イタリア人の彼と一緒になることと、カウンセラーとして仕事をすることは、
ずっと両立が不可能な、相反することでした。
どちらかを選ぶと、どちらかを諦めなくてはならない、という状態で、
どうしたらよいのだろうか、、、と葛藤していました。

1年前に、彼と一緒になることを選択し、会社を辞めたのですが、
いつの間にか、両方に折り合いをつける方法が見つかっていました。

海を眺めながら、先生に今の状態を報告出来たら、
きっと、「ほぅほぅ~。よかったですねぇ」って、
目を細めて、喜んでくださるだろうなぁ、と。
そんなことを考えていたら、涙がこぼれてきました。

もう先生の暖かい声を聴くことも出来ないんだなぁ、と。。。

でも、ふと、ちょうど散歩する前に、
「肉体は死んでも、魂は生き続ける」
と書いていた本の内容を思い出し、
「もしそうだとすると、先生の魂は近くにいるから、私の思いも伝わっているかな」
と思いました。だったらいいのになぁ、と思いました。

なので、
「もし、先生に伝わっていたら、わかりやすいメッセージで教えてください」
と心の中でお願いしました。まぁ、無理だろうなぁ、、とも思いつつ。。。

すると、、、その直後に、なんと突然、
緑色の虫が目に飛び込んできたのです!!!うっぎゃー!!!(TOT)

あまりの速さに、目を閉じることも出来ず、
ほんとに眼の中に虫が飛び込んできた~!!
しかも、他にも虫が寄ってきて、瞑想気分も直ちに吹っ飛んだっ(苦笑)!!

目はものすごいゴロゴロしてるし、気持ち悪いったらありゃしない!
近くに停めてあったスクーターのサイドミラーを覗き込み、
なんとか虫を取り出そうと悪戦苦闘!

目ん玉をぐるぐる回していると、目の中から緑色の葉っぱが出てきた。
でも、どれだけ目をひんむいても(苦笑)、緑色の虫は出てこない。。。

うーん、私の勘違いだったのかな?
虫だとおもったけど、葉っぱだったのか、それとも、既に取り除いたのか、
違和感はあるものの、どうも目の中には何もないようでした。

家に帰って、大量の目薬をさして、もう一回確認したものの、
何も出てこなくて、目の違和感も触り過ぎたせいかも、と思う。。。

家に戻ったのが20時頃。
それからは、夕御飯を食べたり、本を読んだりして過ごし、
24時ごろ、そろそろ寝ようかなー、もう眠いなぁ、と思って
目をこすったところ、激痛がっ!!!

あわてて洗面所に駆け込むと、、、

なーんと、緑色の虫が目から出てきました(ToT)
おぇ~おぇ~おぇ~!!気持ち悪いっ!!深夜、一人で大パニック(苦笑)。
またまた大量に目薬をさして、目を洗いました。

でも、、、すごく不思議なのは、虫が眼の中に飛び込んできたこと。
そもそも、こんなこと生まれて初めてだし、
私はハードコンタクトをしているので、
黒目の部分は覆われてるし、白目の面積は、物凄く少ない。
そこを狙って!?ピンポイントで入ってきたことにびっくりしました。

そして、いくら探してもいなかったのに、4時間後に出てきたことも不思議だし、
何よりも、「分かりやすいメッセージを」って唱えた直後に、
こんなことが起きたのも不思議でした。

う~ん。。。ただ偶然に虫が飛び込んできた、と取ることも出来るのですが、
せっかくなので、先生はいつも見守ってくれているってことにしておきます。(^^)

そして、あまりに不思議&びっくりな出来事だったので、
親友に速攻でメールしたところ、

「夢分析で虫はどんな意味があるんだろうかと思って、簡単に検索したら
こんなのが出てきたよ~!」って、またまたびっくりなことを教えてくれました。

故人
夢の中で飛ぶ虫は、亡くなった家族や知人が姿を代えている可能性があります。
中央アメリカの民間信仰では、空中を舞う小さな虫は地上を訪れた死者の霊と考えられています。


なんとまぁ~!!!
彼女からのメールを読んで、ぞわぞわぞわっとしたのでした。。。

でも先生、、、びっくり度が半端じゃないので、
もう虫は止めてくださいね。。。(T-T)

なんともおちゃめな先生らしいけど!(苦笑)
[PR]
# by koto_kotoko | 2011-06-16 23:08 | 徒然。。。